fc2ブログ

好奇心のままに学んで食べる

こまめに歩ける範囲で美味しいお店を探しています。

独楽学第19課 能動態命令法

latin.jpg

1 si_ vi_s ama_ri_, ama_.
-> もし愛されることを望むなら愛しなさい。

2 Hoc ante omnia Facebook, mi_ Lucili_: disce gaude_re.
-> 我がルキリウスよ、何よりもまずこのことをしなさい。「楽しむことを学びたまえ」。

3 I_te, piae volucre_s, et plangite pectoral pinni_s et rigido_ tenera_s ungue nota_te gena_s.
-> 行け、清き鳥たちよ、翼で胸を打ち叩き、柔らかき頬を固き爪で掻きむしれよ。

4 Vo_x cla_mantis in de_serto_: para_te vial Domini_: recta_s facile se_mita_s e_jus.
-> 荒野で叫ぶものの声「主の道を整えよ、彼の道をまっすぐにせよ」

5 — Charinum video_. Salve_! — O salve_, Pamphile!
-> 「カリヌスではないか、今日は!」「ああ今日は、パンピルス」

6 Vale_ et memento_ mei_.
-> さようなら、私を忘れないで

7 No_li_ me_ tangere
-> 我に触れることなかれ
続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2022/08/05(金) 11:11:18|
  2. 語学:ラテン語:独習者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レトルトカレー三昧(43):ガーリックシュリンプカレー

IMG_227451.jpeg
続きを読む

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

  1. 2022/08/05(金) 08:50:40|
  2. レトルトカレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独楽学第18課 関係代名詞・関係形容詞

latin.jpg

1 Homine_s id quod volunt cre_dunt.
-> 人間は自分の(信じたいと)欲することを信じる。

2 Illum cui_ antea_ confide_bant m etuunt, hunc amant quem time_bant.
-> 彼らはそれまで信頼していた男を恐れ、恐れていた別の男を愛している。

3 Omne_s arte_s, quae ad hu_ma_nita_tem pertinent, habent commu_ne vinculum.
-> 人間性に関わる全ての学問は共通の絆を持っている。

4 Omne_s, qui_ habe_bant infirmo_s varii_s languo_ribus, du_ce_bant illo_s ad eum.
-> さまざまな衰えで弱った者を持った人々は全て彼らを彼のところへ連れてきていた。

5 Quae nimis t appa_rent re_tia, vi_tat avis.
-> あまりにあからさまな罠は鳥もこれを避ける。

6 Qui_ nimium multi_s "no_n amo_" di_cit, amat.
-> あまりに度々「俺は愛していない」と言う人は、愛しているのだ。

7 Quisqluis ama_s, loca so_la nocent; in populo_ tu_tus esse potes.
-> 誰であれ恋しているなら寂しい場所は危険だ。人混みの中でこそ安全でいられる。

8 Fide_s, ut anima, unde abiit, eo_ numquam redit.
-> 信頼は、魂と同じで、一旦立ち去った場所へは2度と戻らない。

9 Ante mare et terra_s et quod tegit omnia caelum, u_nus erat to_to_ na_tu_rae vultus in orbe
-> 海と大地と、全てを覆う天ががった以前には、全世界において自然の風貌はひとつしかなかった。

10 Stultum facit Fortu_na, quem vult perdere.
-> 幸運の女神は破滅させたいものを愚かにする。 続きを読む

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2022/08/02(火) 17:56:56|
  2. 語学:ラテン語:独習者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独楽学第17課 疑問文と疑問詞

latin.jpg

1 -- Sed estne fra_ter intus? -- No_n est.
-> だけど兄は中にいるの?いないの? いない。

2 -- me_ne quaerit? -- ve_rum.
-> 私を探しているの? そうだ。

3 No_nne intellegis? --Intellego.
-> わからない? わかります。

4 Sed, obsecro_ te, num ambulant umbrae? num dormiunt?
-> しかしお尋ねしますが、幽霊が歩き回ったり、眠ったりしますか?

5 Tha_is habet nigro_s, niveo_s Laeca_nia dente_s. Quae ratio_ est? Empto_s haec habet, illa suo_s.
-> タイスは黒い歯、ラエカニアは白い歯、その理由は?ラエカニアの(これら)は買った歯、タイスの(あれら)は自分の歯。

6 Miseram me_, quod verbum audio_!
-> 惨めな俺、なんという言葉を聞くことか!

7 Qui_ sermo_, quae praecepta, quant no_titia antiquita_tis!
-> なんという弁舌、なんという教訓、なんと多くの故事の知識。

8 Si_ quid est in me ingenii_, Licinius e_jus fru_ctum a_ me_ repetere prope suo ju_re de_bet.
-> もし、私にとってなんらかの才能があるのなら、その才能の成果をリキニウスが殆ど権利として私から取り戻すことが道理である。 続きを読む

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2022/08/02(火) 10:49:53|
  2. 語学:ラテン語:独習者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月間語学学習・読書記録(‘22/7)

homeric greek 3/380
illiad homer book1 1/192
the greek particles xl/659
古代ギリシャ語語彙集 18/136
ラテン語を読む キケロー「スキーピオーの夢」238/331
独習者のための楽しく学ぶラテン語 74/296
中級ドイツ文法 50/334
解説がくわしいフランス文法問題集 34/229
サッカー7カ国語事典 9/152
ポルトガル語 132/274


ラテン語練習問題集 14/278
ラテン文学を学ぶ人のために 1/332
古典ギリシア語入門 13/210
エクスプレス古典ギリシア語 46/178
イタリア語練習問題集 14/259
新・リュミエールフランス文法参考書 1/337
誤訳の構造 5/257

原文対照 古典のことば 読了
シェイクスピア名言集 読了 続きを読む

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2022/07/31(日) 07:04:24|
  2. 語学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レトルトカレー三昧(42):レモンクリームチキンカレー

IMG_227449.jpeg
続きを読む

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

  1. 2022/07/29(金) 18:28:14|
  2. レトルトカレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独楽学第16課 未来時制、現在分詞

latin.jpg

1 Et uxor tua Elizabeth pariet tibi fi_lium et voca_bis no_men e_jus Johannem: et erit gaudium tibi, et exulta_tio_, et multi_ in na_ti_vita_te e_jus gaude_bunt.
-> 汝の妻、エリザベトは汝のために息子を産むであろう。汝は彼の名をヨハンネスと呼ぶであろう。彼は汝の楽しみ、喜びとなるであろう。多くの人が彼の誕生に喜びを感ずるであろう。

2 Si_ ad na_tu_ram vi_ve_s, numquam eris pauper; ad opi_nio_ne_s, numquam eris di_ves. Exiguum na_tu_ra de_si_derat, opi_nio_ immensum.
-> もし君が本性に沿って生きるなら、君は決して貧しくはならないでしょう。もし、意見に沿って生きるなら、君は決して富者にはならないでしょう。本性は極小を欲し、意見は極大を欲するのです。

3 Jam pri_dem hercle_ ego tibi istam scelestam, seclus, linguam absci_dam.
-> ならず者め、ヘラクレスにかけて今こそお前のその罰当たりの下を切り取ってやるぞ!

4 Amante_s, a_mente_s.
-> 恋するものは正気なし

5 Nihil difficile amanti_
-> 恋するものには何事も困難ならず

6 Jupiter ex alto_ perju_ria ri_det amantium.
-> ユピテルは高みより恋人たちの空約束を笑っておられる。 続きを読む

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2022/07/27(水) 11:29:40|
  2. 語学:ラテン語:独習者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レトルトカレー三昧(41):NISHIKIYA KITCHEN ラスクカレー

IMG_227392.jpeg
続きを読む

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

  1. 2022/07/22(金) 09:44:16|
  2. レトルトカレー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独楽学第15課 指示代名詞・形容詞

latin.jpg

1 Erant in ea_ legio_ne forte_s viri_, Pullo_ et Vore_nus. Hi_ perpetua_s inter se_ contro_versia_s habe_bant.
-> その軍団にPullo_とVore_nusの勇者がいた。この者たちはお互いに常に競争をしていた。

2 Hac nu_gae se_ria du_cent in mala.
-> こんな戯れは、深刻な禍いに陥るだろう。

3 Ho_c tempore obsequium ami_co_s, ve_rita_s odium parit.
-> 現今にあっては、追従が友を、真実は憎しみを生み出す。

4 Quid istuc est?
-> 「何をおっしゃっているのですか」

5 Illud ami_citiae sanctum ac venera_bile no_men nunc sub pedibus jacet?
-> 友情という彼の神聖にして尊き言葉は、今や足元で踏みにじられているのですか。

6 si_c venit ille puer, si_c puer ille manet.
-> 彼の少年かく來り、かく留まりぬ。

7 Hi_c jacet immi_ti_ consumptus morte Tibullus.
-> 容赦なき死にて滅びたるティブッルス、ここに横たわれり。 続きを読む

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2022/07/18(月) 09:26:36|
  2. 語学:ラテン語:独習者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独楽学14課 第三変化形容詞

latin.jpg

1 Difficile est longum subito_ de_po_nere amo_rem.
-> 長く続いた恋を直ちに捨て去るのは難しい。

2 Omnia mea me_cum porto_.
-> 私は全財産を持ち歩いている。

3 Forte_s fortu_na adjuvat.
-> 幸運は強者を助ける。

4 Impia sub dulci_ melle vene_na latent.
-> 甘きみつの下には忌まわしい毒が潜んでいる。

5 Fe_li_x sua_ sorte contentus est.
-> 彼は自らの運に満足して、幸福である。

6 Est prope Colli_nam templum venera_bile portam. impo_nit templo_ no_mina celsus Eryx, illi_c et juvene_s vo_ti_s obli_via poscunt.
->コリナ門の傍らに、ありがたきお社がある、お社の名はそびえるエリュクス山が与えている。そこでは、若者もまた供物を捧げて、忘却を祈っている。 続きを読む

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2022/07/17(日) 14:07:14|
  2. 語学:ラテン語:独習者
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ