好奇心のままに食べる

こまめに歩ける範囲で美味しいお店を探しています。

ラテン語のはなし:10


ラテン語のはなし―通読できるラテン語文法ラテン語のはなし―通読できるラテン語文法
(2000/12)
逸身 喜一郎

商品詳細を見る

10 語源の危険性。蔵書票 ー特殊な第2変化の名詞

・文言
 ex libris  〜の書物のうちの ー転じて「蔵書票」のこと

・文法事項
 ex 奪格支配前置詞 〜から(外へ)
 libris liber(書物)の複数奪格
 
名詞の第2変化(例外)

    単数   複数
主格  liber   libri
属格  libri   librorum
与格  libro   libris
対格  librum  libros
奪格  libro   libris
呼格  liber   libri
あたかもlibrusという原形を
もっていように変化すると言う話。

・おはなし
 ラテン語から語彙を増やすことは
 有意義だが、適当に文字を分解したり
 形そのものから意味を類推するのは
 やめた方が良い。
 給料をSalariumで表すからと言って
 ろーまで給料を塩で払ったという
 事実は認められていない。

・メモ
 山下先生が教科書を書かれたと言うこと
 なので、いずれ挑戦してみたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/07/11(木) 05:02:59|
  2. 外国語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<07/11のツイートまとめ | ホーム | 新川:「蒔弦」で「ハンバーグ&ナポリタン」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://puzzlriddle.blog.fc2.com/tb.php/294-c899f0da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)